翔の部屋
自分の子どもは自閉症。でもみんなの人気者。このサイトも3歳から始めて、もう早いもので14歳になりました。日常を綴っています。
逆切れで手が出るのが課題
 翔のためを思って、怒ったり、注意したりするときに

逆切れして頭突きをしてくることが時たまあります。

 しかも、それほど強く言ったりしていないにもです。


 虫の居所が悪かったり、気分の変調が背景にある

としても、自分のために言ってくれていることに対し

逆切れして手が出るのはよくありません。まして背が

170センチを超えているわけですから、相手にケガを

させてしまっては大変です。

 それにそんなことをすれば将来、誰も見てくれないど

ころか、いじめの対象にさえなってしまいます。


 ですので、逆切れした場合は、がっつり怒ることにして

います。(暴力をふるっているわけではありません)


 ただ、脅しやヤキを入れるに近い時もあるかも(苦笑)






























夏休み真っ最中
 学校がお休みで気楽、プールに児童デイで毎日

いろいろ連れて行ってもらい、満足しています。

 暑さや親といる時間が長くなるの、お互い少々

イライラもありますが…
















翔を見れば好印象なのも分かる?
 週1回移動支援でプールに連れて行ってもらっている

翔。

 一緒についてくれてるヘルパーさんが学校の担任の先

生から、さわやかで礼儀正しく、大絶賛!

 私も何度かお会いしていますが、同じ印象でありがたく

思います。


 一緒にいる翔も帰ってきて、ニコニコで上機嫌でうるさい

くらいですから同じ印象なのでしょう。



 帰ってきた反応でわかる翔は言わなくてもわかりますね。
























今も昔も変わらず…
 NHK教育でミッフィーのぼうけんがはじると変わらず


テレビの前に行き、歌に合わせてリズムを取る翔。


 テレビの半分しか身長がないころから、今やテレ

ビより上半身がでているほど身長が伸びても動き

は変わらずでニコニコ。


 いつもの日常ですが、ほのぼのさせる瞬間です。。






 




絵を書いてと言われて…
 担任の先生にそう言われて、


 翔はA4サイズの紙に


「え」


 を書いて先生に差し出したそうです。


 当然先生は大爆笑。


 家でもその天然ボケを発揮して欲しいのに(笑)





















広告

最近の記事

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

syounotousan

Author:syounotousan
1児の父です。