翔の部屋
自分の子どもは自閉症。でもみんなの人気者。このサイトも3歳から始めて、もう早いもので14歳になりました。日常を綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山駅突き落とし事件、家裁送致少年に「発達障害」の診断




■岡山駅突き落とし事件、家裁送致少年に「発達障害」の診断

 岡山市のJR岡山駅ホームで3月、岡山県職員・假谷(かりや)国明さん(38)が突き落とされ
電車にはねられ死亡した事件で、殺人などの非行事実で家裁送致された大阪府大東市の少
年(18)が、捜査段階の簡易精神鑑定で「対人関係の構築が困難な発達障害」と診断されて
いたことがわかった。

 大阪家裁が選任した付添人弁護士が23日、明らかにした。付添人弁護士は少年審判で正
式な精神鑑定を求める方針。少年は今月15日、岡山家裁に送致された後、居住地を管轄す
る大阪家裁に移送された。

※発達傷害
 一般的に、乳児期から幼児期にかけて様々な原因が影響し、発達の「遅れ」や質的な「歪み」
機能獲得の困難さが生じる心身の障害を指す概念。
 学術的には知的障害(精神発達遅滞)を含むが、一般的には、知的障害を伴わない軽度発達
障害だけを指す場合も多い。



■教訓・感想
 こういう事件が起きるたびに、障害者が起こす事件が多いと勘違いされるのが、障害者の子を
持つ親にとって憂鬱なところ。

 しかし発達障害と犯罪は直接的な因果関係はない。
過去に豊川の主婦殺害事件では、鑑定でアスペルガー症候群と判断した名古屋家裁も
「不幸にして犯罪行為を犯してしまったが、発達障害が犯罪を犯す危険性は極めて低く、
それ自体に犯罪を誘発する要因は認められない」
と明言しており、私は肝に銘じています。

<リンク>
新築・中古マンション、一戸建て『住宅の楽待』


無料会員登録でベビー用品リサイクルコーナーや悩み相談が使えるピジョンインフォ


こどもちゃれんじ「すっく」の気になる売れ筋ランキングは

スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syoutarou.blog54.fc2.com/tb.php/87-55eff109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告

最近の記事

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

syounotousan

Author:syounotousan
1児の父です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。