翔の部屋
自分の子どもは自閉症。でもみんなの人気者。このサイトも3歳から始めて、もう早いもので14歳になりました。日常を綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者の働く場、原油高で悲鳴!
※※※ 障害者の働く現場原油高で。。暖房や紙代、節約切実 ※※※

 知的障害者らの就労の場を提供して社会参加を促す授産施設などでは、原油高
高騰のあおりを受け、節約を実施。原油高での経営圧迫が原因である。


●背景
 知的障害者の授産施設などでは、送迎などガソリン代が増加、施設で必要な燃
料代や原材料費が値上がりし、これ以上コストが上昇すれば、障害者へ支払う工
賃にも影響を及ぼしかねない事態。
              ↓

 施設からは、「ストーブをつけずに我慢している」
       「ティッシュペーパーを使わずトイレットペーパーを使っている」

 といった切実な節約策を寄せられているという。
 


 作業所では、少しでも障害者に支払う工賃を上げようと努力している。が、燃
料代や原材料費の値上げで努力が水の泡になっていると言う声が上がる。
                ↓
 こういった原油など原材料費の値上げは、コストに対して弱いところから徐々に
圧迫してくる。トヨタでも以前ほどの原価改善が見られなくなってきているのに対
しコストや改善に弱い社会的弱者などは深刻さは増す。

 


授産所(じゅさんじょ)~身体障害者や精神障害者、ならびに家庭の事情で就業
や技能取得が困難な人物に対し、就労の場や技能取得を手助けする施設。


 この問題は、国が一丸となって取り向かなければならない問題です。
社会的格差の問題もありますが、弱者救済は、民間ではなくまずは国から。









スポンサーサイト

テーマ:障害児と共に生きる日々 - ジャンル:福祉・ボランティア

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syoutarou.blog54.fc2.com/tb.php/63-f758aa7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告

最近の記事

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

syounotousan

Author:syounotousan
1児の父です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。