翔の部屋
自分の子どもは自閉症。でもみんなの人気者。このサイトも3歳から始めて、もう早いもので14歳になりました。日常を綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意思が伝わらないもどかしさ
 今回の土日はもどかしさが残ったまま終わりそうです。コミュニケーションというか翔の意思がわからない場面が多く見受けられたからです。だんだんと遅れながらも成長していく翔にたいして少し楽観的なのか、おくれて反抗期でもきたのか?
 特に行動と反対なことを示すときがありまして実際何を考えているのかという事がありました。
 例で言うと、お風呂に入ってまして、頭をいつも洗って上げているのですが、今日はイヤなのか頭から手をどかそうとします。そして怒ったのか自分の顔に攻撃をしてきます。「いやいや」と思いながら、手を持っていかれて頭の上、そう自分の頭に持っていき「洗え」と。
 こちらももどかしいですが、きっと翔ももどかしいでしょう。そんな表情に見えました。
 自閉症というコミュニケーション障害において、言葉のうらをとったりすることができません。まだ体を使った表現もできませんし。今回は無表情に近く読み取ることもできませんでした。
 日曜の夕方になってすこし楽しいことも増えたのかやっと笑顔も増えましたが。。
 コミュニケーションの障害とは本当に厄介なものです。大人の心理戦のほうが楽な気がするときがあります。お互い同等ですし。
 翔にとっても社会にでるためには必要な手段であることはまちがいないわけです。最近は普通の人でも苦手な人が増えているのも事実。
引きこもりやニートといった人を避けているような人たち。
 根底には相手に対しての恐怖感があるのでしょう。ですのでお互い干渉しないということを思う。メールも便利ですが生きた言葉がわからない。裏を読み取れない。
 障害児の殻に閉じこもりやすいとはここに根底があるのではないでしょうか?
 人を怖がらずに接する第一歩は親との信頼感であり、愛情の下地がないとだめだと思います。半歩の勇気とコミュニケーションの楽しさを知るということが大事なのではないでしょうか。
 ですので翔にはあわてず小さなことから積み上げていこうと改めて思います。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syoutarou.blog54.fc2.com/tb.php/13-56fd3b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告

最近の記事

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

syounotousan

Author:syounotousan
1児の父です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。