翔の部屋
自分の子どもは自閉症。でもみんなの人気者。このサイトも3歳から始めて、もう早いもので14歳になりました。日常を綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の障害児関連ニュース~知的障害者:「漫画で理解を」日常つづる60編 親の会が冊子作成、無料で配布
============================================
   ■ ■   本日の障害児関連ニュース    ■ ■
============================================ 

~PR~
こどもたちに必要だったのは国語力でした。ことば倶楽部通信コース


ドラマで覚える英会話教材



■今回のニュース■

知的障害者:「漫画で理解を」日常つづる60編 親の会が冊子作成、無料で配布
=========================================


 千葉県内の知的障害者の親たちでつくる市民団体「パートナーシステムちば」(梶川千晴
代表)が、障害者を主人公にした4コマ漫画をまとめた冊子「ずっと大好き!」(A4判、82ペ
ージ)を作成した。


 「障害者の日常生活を理解してもらおう」と発行している「漫画通信」が第10号を迎えたの
を記念して作成。障害者の日常のほほえましいエピソードが表現されている。



 「パートナーシステムちば」は02年、知的障害者を持つ親やボランティアらが結成。約20
人の会員が、千葉市を中心に活動。月2回、障害者とボランティアが電車などを使って外出し
たり、年に数回の勉強会を開いている。


 05年には「言葉では伝えられない障害者と家族の思いや暮らしぶりを紹介しよう」と、障
害者を主人公にした漫画作りを計画。作画は千葉市の主婦、永原美弥子さんに依頼。2カ月
に1回、メンバーのエピソードをもとに、漫画通信「ずっと大好き!」を発行した。


 第10号発行後の昨年4月、メンバー7人が編集チームを発足。1年かけて4コマ漫画など約
60編を収録した冊子2000部を作成した。


 梶川代表は「障害者は、健常者と同じ幸せを求める一人の人間。困ったことや大変なことも
あるが、温かいものを感じるようなことを描いて、同情でなく仲間として共感してもらいたい」と
話している。

 希望者には無料で配布。問い合わせは室谷由紀子さん(電話043・237・7850)へ





<情報リンク~こちらにも情報が満載>

★海外の経済情報なら
これでバッチリ!海外経済情報。これであなたはほったらかしに情報は増える!!

★ワークバランス・働き方について
ビジネスはワークバランス。心も「ケア」しよう

★就職・転職に強い見方。採用される方法とは?
これでばっちり!採用される5つの法則


スポンサーサイト

テーマ:社会教育・育児関連ニュース - ジャンル:育児

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syoutarou.blog54.fc2.com/tb.php/108-b35c67b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告

最近の記事

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

syounotousan

Author:syounotousan
1児の父です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。