翔の部屋
自分の子どもは自閉症。でもみんなの人気者。このサイトも3歳から始めて、もう早いもので14歳になりました。日常を綴っています。
終業式ではドラマのようなシーンが…
 悲しいお別れとなった終業式ですが、後に知ったことですが

ドラマのようなシーンを翔がしたようなのです。

 体育館で行われた終業式で異動となる先生が紹介され、一

人ずつ挨拶がされました。

 翔の担任の先生があいさつする場面になったとき、そのドラマ

のようなシーンが起こります。


 先生が一言を述べようとすると、翔がその場を立ち、先生に向

かって壇上に行こうとするのです。



 やはり何か思うことがあったのでしょう。


 先生に向かおうとする翔を他の先生方が止めようと向かいます。

 壇上の先生は感動して涙が…


 「行かないで。先生」と行動する翔。


 この動きを校長はどう見ていたか?


 純粋な子たちが起こす行動だからこそ、胸に響き、どうにかして

あげられなかったと悔いが残ってしまうものです。





スポンサーサイト
コンナニモ?
 今、翔がハマっている歌が「どんなときも」。


 CMで女性がカバーしているのが耳に残ったか

口ずさんでいます。

 しかし、「どんなときも どんなときも」ではなく、

 「こんなにも こんなにも」

てな感じです(笑)

 しかもスロー^でオリジナルなのが翔らしいです。





















悲しい終業式…
 今日は息子の3学期終業式。放課後児童デイの方によると

翔を含めクラスのみんなが目を真っ赤にして玄関に、最後

送り出す先生には目に涙が…今日で担任の先生とお別れでこ

ういった風景になったのですが、この雰囲気で児童デイの方

も貰い泣きしてしまったとか。


 これほど慕われる先生との別れは寂しいし残念ですが、別

れがあれば出会いがありますし、悲しさは時間が帳消しして

くれます。そこに期待して…















残念…担任の先生が異動に
 良い雰囲気で学ばせてもらったこの1年でしたが、

その中心となっていた翔の担任の先生が異動することに…

 4人という少人数のなか、一人ひとりに目を配り、それぞれ

に合わて接してくれただけに残念。


 本日先生から、生徒へ文字などを使いながら伝えたそうで

すが、翔にその時涙が…

 最近、全く泣かない翔ですから、驚きであるとともに成長も

悲しさも、前向きさも伝わってくる一幕でした。













翔、トイレで褒められる!?
 今やきちんと整理整頓しないと気が済まない翔。

 タンスや机の引き出し、モノの配置など細かいことに

目が行き過ぎてしまう。。自閉症のとくちょうでもありま

すが。、


 日曜、日課のプールでも、最後トイレに行かせて外で

待っているとき、後から入っていった清掃のおばさんが、

翔より先に出てきて

「ありがとね」

と声をかけています。


 「確か、翔しかいないはず」

と思ってトイレに近づいて見ると、案の定

翔がスリッパの向きを整えているのです。

 それでありがとうと声をかけられたわけ

です。


 その行為を見て、褒めたら翔はニコニコ。


 まあ、神経質にならなければ良い行為

ですね。

 




















広告

最近の記事

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

syounotousan

Author:syounotousan
1児の父です。